【電気工事士1種 過去問】PF付LBSと溶断表示棒とストライカ(H21年度問23)

問題

写真の矢印で示す部分の役割は。

<解答の選択肢>

  1. ヒューズが溶断したとき連動して、開閉器を開放する
  2. 過大電流が流れたとき、開閉器が開かないようにロックする
  3. 開閉器の開閉操作のとき、ヒューズが脱落するのを防ぐ
  4. ヒューズを装着するとき、正規の取付位置からずれないようにする

— 答え —
矢印部分は溶断表示棒+ストライカ。ヒューズが溶断したとき連動して、開閉器を開放する。

<PF・S形の問題を今日マスターしたいあなたには>
H21年問31(PF・S形の構成機器)
H31年問32(PF-S形の構成機器)
H27年問33(PF・S形の構成機器)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

PF付LBS も合格必須項目。単線結線図+接地工事図の丸暗記の次は、開閉器のマスターを。

ふくラボ流攻略法

写真の開閉器は 高圧限流ヒューズ付負荷開閉器 PF付LBS

PF底面のポッチは溶断表示器

ヒューズが溶断したときに飛び出してストライカの受け皿(?)を押す。

受け皿を押されたストライカは、まだ回路(接点)がつながったままの2相が欠相運転とならないように、3相全部の接点を開放する。

まとめ

最最重要項目の一つである開閉器 PF付LBS に関する問題。必ず早めにマスターを。

PF付LBSは、一相のヒューズが過電流で溶断したとき、残った2相が欠相運転とならないように

溶断表示器+ストライカ外し機構

で、3相全部の接点を開放する。

類似問題・関連記事
H31年問32(PF-S形の構成機器)
H27年問33(PF-S形の構成機器)
H25年問23(PF付LBSのストライカ外し)
H23年問32(LBSの設備容量)
H21年問23(PF付LBSのストライカ外し)
H21年問31(PF-S形の構成機器)

PF-S形の解説

次なる訓練問題
前の問題(問22)
次の問題(問24)
平成21年度(2009年度)問題

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました