【電気工事士1種 過去問】断路器DSはアーク消弧能力がない(H28年度問22)

問題

写真に示す品物の用途は。

<解答の選択肢>

  1. 容量 300kVA 未満の変圧器の一次側保護装置として用いる
  2. 保護継電器と組み合わせて、遮断機として用いる
  3. 電力ヒューズと組み合わせて、高圧交流負荷開閉器として用いる
  4. 停電作業などの際に、電路を開路しておく装置として用いる

— 答え —
機器は断路器 DS。答えは4。

→ 断路器DSの問題を繰返し練習したいあなたには
H24年問43(DSの特徴)
H22年問23(DSの外観と用途)
H22年問30(DSの特徴)

スポンサーリンク

解法と解説

方針

超重要装置の断路器DS早期にマスターを。

正攻法の解説

外観から、即座に断路器DS と判断する。

DSで絶対押さえる特徴は
0.アーク消弧機能がない

この消弧できない特徴から、
1.電路の自動遮断厳禁
2.電流が流れていないときに手動で開閉

このため、1、2、3とも論外!

4だけが正しい。

他の選択肢が説明している開閉器は、
1.PC; 高圧カットアウト
2.CB; 遮断器
3.PF付LBS

まとめ

超重要装置の断路器DS早期にマスターを。

DSで絶対押さえる特徴は
0.アーク消弧機能がない

消弧できないから、
1.電路の自動遮断厳禁
2.電流が流れていないときに手動で開閉

類似問題・関連記事
H29年問19(変電設備全般)
H29年問44(DSの特徴)
H29年問45(避雷器とDS)
H28年問22(DSの外観と用途)
H24年問43(DSの特徴)
H22年問23(DSの外観と用途)
H22年問30(DSの特徴)
H22年問45(避雷器とDS)

断路器の解説

次なる訓練問題
前の問題(問21)
次の問題(問23)
平成28年度(2016年度)問題

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました