【電気工事士1種】露出型器具へ結線するために心線を輪っかにするも被覆が剥き過ぎで

電気工事士2種の技能試験を受けて以来、4、5年振りに結線作業をやってみた。


電線を端子台に接続するのはなにも難しくなく、露出型器具の結線作業の練習に移る。

輪っかの作り方をド忘れしており、テキストを見ながら作ってみるも、ネジ径よりだいぶ大きく、しかも歪な輪っかしかできず、1年のS君に作り方を伝授してもらう。

そんで、でき上がった輪っかがこちら。

悪くはないできだとは思うのだが、実際に露出型コンセントに接続してみると…


なーんか心線が目立つ。

試験では、絶縁被覆の剥き過ぎで心線が 5mm以上見えていたら欠陥

うーむ、一発で適切な長さの輪っかを作れるように、もっと練習せねば。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました