【電気工事士1種】極性のあるスイッチは白色電線をWマークのある接地側極端子に結線

極性のあるスイッチへの結線。Wマークがあったら要注意。

電線の絶縁被覆を剥がすのは、スイッチの裏または側面のストリップゲージに電線を合わせて行う。これは簡単。

被覆を剥がしたら、間違えないようにWマークのある接地側極端子に白色電線を挿し込むこと。

輪っかを作る必要がないので、スイッチへの結線は短時間で完成できる。

もし、間違えった端子に電線を挿し込んでしまったときには、端子のすぐそばにある「はずし穴」にマイナスドライバを奥までまっすぐ差し込んで、電線を引っ張ると、電線は抜ける。

間違えても、落ち着いて対処しよう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました