低圧屋内配線

低圧屋内配線

【電気工事士1種 解説】合格必須!ライティングダクト工事に関する出題傾向と対策

ライティングダクト工事は、引掛け問題も含めると 10年で 6回出題の合格必須項目!きっちりマスターを。 合格するための重要ポイントは3+2個。 支持点間の距離は 2m以下 開口部は下向き(が原則) 終端部は閉そ...
低圧屋内配線

【電気工事士1種 過去問】シーリングフィッチングの試験問題を解く2つのポイント

シーリングフィッチングは、引掛け問題を含めると 10年間で 4回出題の穴場(?)問題。 外観か機能・用途を問う単純な問題ばかりなので、きっちり得点できるように。 外観と機能(設置場所) シーリング...
低圧屋内配線

【電気工事士1種】コンクリートボックスの試験対策!これだけ覚えて欲しい1つの特徴

コンクリートボックスの問題は、過去10年で2回出題。出題頻度は低いが、外観から名称を答えるイージー問題。覚えておいて損はない。 外観のポイントはたったの一つ! 外枠に耳状の突起があればコンクリートボックス ...
低圧屋内配線

【電気工事士1種 解説】コンセント試験問題を確実に正解する7つのポイントとは

コンセントの問題は、差込口から定格電圧を答えるシンプル問題から、コンセントとスイッチと組み合わせた難解な問題など、10年で 8回出題の重要問題。 このコンセント問題。正攻法(王道)で解こうとすると、細かい数字や、似た形の差込口を覚える...
低圧屋内配線

【電気工事士1種 過去問】機能付スイッチ(熱線式自動、遅延、タイム)の機能と用途

電気機器を入/切するのに必要なスイッチ。 電動機の制御でトレーニングした押ボタンスイッチの他に、人を感知してON/OFFする熱線式自動スイッチのような機能付きスイッチというものがある。 出題数は関連問題を含めて10年間で 6問な...
筆記試験過去問

【電気工事士1種 過去問】コンセントの仕様見極めと施工可能な場所(H30年度問26)

問題 写真に示す配線器具を取り付ける施工方法の記述として、不適切なものは。 <解答の選択肢> 定格電流 20 A の配線用遮断器に保護されている電路に取り付けた 単相 200 V の機器用コンセントとして取り付けた ...
筆記試験過去問

【電気工事士1種】ライティングダクト工事で重要な2+3の項目(H30年度問27)

問題 ライティングダクト工事の記述として、不適切なものは。 (解答の選択肢) ライティングダクトを 1.5 m の支持間隔で造営材に堅ろうに取り付けた ライティングダクトの終端部を閉そくするために、エンドキャップを取り付...
筆記試験過去問

【電気工事士1種 過去問】張線器は架空電線やワイヤーの張線に使用(H29年問26)

問題 写真に示す工具の種類は。 <解答の選択肢> トルクレンチ 呼び線挿入器 ケーブルジャッキ 張線器 --- 答え --- 写真の工具は張線器である。 解法と解説 方針 正攻法の解説...
筆記試験過去問

【電気工事士1種 過去問】低圧ケーブル工事の施工法(H29年度問28)

問題 使用電圧が 300 V 以下のケーブル工事の記述として、誤っているものは。 <解答の選択肢> ビニルキャブタイヤケーブルを点検できない隠ぺい場所に施設した MIケーブルを、直接コンクリートに埋め込んで施設した ケーブ...
高圧工事

【電気工事士1種 過去問】機械器具の金属製外箱等の接地工事(H29年度問35)

問題 人が触れるおそれがある場所に施設する機械器具の金属製外箱等の接地工事について、電気設備の技術基準の解釈に適合するものは。 ただし、絶縁台は設けないものとする。 <解答の選択肢> 使用電圧 200 V の電動機の金属製の...
タイトルとURLをコピーしました